黒松の針金かけ

カテゴリー 黒松

梅雨時期あたりからノーメンテナンスの黒松(素材)に、針金かけを実施してみましたので、記事にしてみます。

この黒松の送り主、@shuarak氏に「曲げてみたら」と言われたので、練習的な意味合いも込めて、針金かけに挑戦してみました。

今までも、枝の向きをちょっと変える程度の針金掛けは実施したことがあるのですが、思い切り主幹の形状が変わる程度にはやったことがありません。

枯れた葉を取り除く

まずは、手入れをしてなかったことによる枯れた古葉を取り除きました。(いわゆる「古葉取り」とは違うかも。単なる枯葉落としです。)

このくらい枯れていると触るか、少し引っ張るだけで簡単に抜け落ちます。

黒松枯れた古葉

枯葉を取り除いたことである程度はスッキリはしましたが、明らかに葉が長いです。

復習ですが、黒松の芽摘み(短葉法)は6〜7月に実施しないといけなかったですね。

11〜12月のこの時期は、葉抜きを実施するようですが、今から針金かけをするので、曲げた後の樹勢を見ながら実施するか決めようと思います。

まだ鑑賞して楽しめるようになるとは思えないですし・・・

硬さを確かめる

まず、硬さを確かめるために、手だけで曲げてみましたところ、想像以上に成長して硬くなっていました。

黒松盆栽 素材
化粧鉢に入っているのは素焼きの鉢が多肉植物のために使われているからです。

ぐにゃぐにゃっとした模様木的な感じに曲げられるかなぁとか思っていましたが、全然無理そう・・・

とにかく「針金で曲げられるだけ曲げる」という点に注力して進めてみました。

黒松を譲り受けた時はまだ柔らかかったはずですし、まだまだ簡単に曲げられるだろうと思っていたのですが、こんな変な形でもしっかり成長しているようです。

樹皮がはがれるのでラフィアを巻く

とにかく、やってみます。

まずは水に濡らしたラフィアをぐるぐる巻いていきます。

ラフィア

ラフィアを巻かないと、曲げた衝撃や針金を巻く際に薄い荒皮が剥がれてしまいます。(必ず巻くものではないようですが、試しに曲げたところこの黒松は樹皮が割れて剥がれてしまったので)

曲げつつ針金を巻く

黒松にラフィアを巻く

ラフィアを巻き終わったのはいいですが、手持ちの針金は 1.5mm しか持ちあわせなく、黒松の硬さに負けてしまいます。

せめてもの抵抗ということで、針金を2重にしながら巻いていきます。

2重にしたところで黒松の硬さに負けて、向きがまっすぐに戻ってきてしまいます。とてつもなく巻きづらかったですが、そのまま巻き続けます。

・・・2.5mmくらいの針金を用意しておくべきでした。アルミは柔らかくて初心者向けとのことだったので、3.0mmくらいのほうがいいのかな?或いは、松柏など硬い枝向けの銅線を使ってみるか。ちょっと曲げたことがないのでわかりませんが、今後のことを考えると買い揃えておきたいですね。

黒松盆栽 素材 針金かけ

とまぁそんなこんなで巻いていきましたが、それだけでは形が作れなかったので、鉢と主幹部分をラフィアで縛りあげ、曲げたりして、一旦こんな形に留まりました。

・・・なんかあれ、あの魚、

チンアナゴみたい。

姫路市立水族館のブログ 飼育係の日々 チンアナゴ

チンアナゴどうしって : 姫路市立水族館のブログ 飼育係の日々

チンアナゴかわいい。

ということで、予想以上に黒松が硬くビビったということもあり、怖いので今回はここで作業終了しました。

ラフィアは劣化してそのうち伸びたり切れたりするということだったので、針金で縛り上げたいところですが、いずれにせよもっと太いアルミ線を購入してからかなぁ、、

ゴールが見えない(決まらない)

今回はとりあえず1方向曲げてみましたが、

  • 長く伸びきった葉をどうするのか
  • ちょろちょろ生えてる枝はこのまま?
  • どこまで曲げたいの?というか曲がるの?

とか、色々疑問点があり、着地点を完全に見失っています。

まずはちゃんとした盆栽を1鉢維持してみて、素材に手を出すのはそれからだなぁって

・・・だなぁって理解しているつもりなんですけどね、どうしてもこう、1歩がなかなか。

とは言えこの黒松、これはこれでどうにかしないと可哀想。もうちょっと水平方向(写真奥側)に倒して、先端(元頭頂部)を上、あるいは鉢の外方向に引っ張りあげたい気はします。

あと、なんか、こう、もっとぐにょぐにょしないと人工的?作り物?というかチンアナゴ感が凄いんですけど、ここからどうにかなるだろうか。

近いうちに、もう一度針金を掛け直す気がする。

追記:2018/1/5

やはり太い針金を購入して、かけ直しました。
黒松の針金掛け直し | 盆栽 BOOOKs

針金が硬く手こずりましたが、ひとまず思い通りの形に整姿できました。

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年から狭いベランダで盆栽(・・・といっても素材ばかりですが)を始めました。2017年引越しをして、作業スペースが確保できるようになったので、ちゃんと手入れしていきたいなと思ってまいます。

黒松の針金かけ” への3件のフィードバック

  1. こんにちわ。私も初めての黒松はミドリ摘みはしたものの、芽切りをする勇気が出なくて同じくボーボーです。最後の針金完成写真を見た感じ、針金の巻き方をもっと鋭角に30度~45度くらいにしないと針金の力が加わらないと思います。外したら元に戻りそうな予感です。樹に針金を殆ど巻かない初心者の意見ですが。

    1. shiroshitanさん、こんにちは

      いつもコメントありがとうございます!

      針金の太さだけに気をとられていましたが、確かに、角度もかなり甘いですね。事前に「45度くらいがいい」と調べていたのに、実際に針金かけてみると全然ダメ。。

      やはり、針金かけ直そうかなと思います。もっと太い針金を用意しつつ。

  2. 松柏なら、近代盆栽さんの通販で売ってる銅線がオススメです。小ロットで1000円前後から置いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA