清姫もみじが仲間入り

カテゴリー 紅葉(もみじ)

上野グリーンクラブで購入しました。

モミジへの思い

モミジは美しい

葉形や葉の茂り方の美しさだけではなく、葉の触り心地(やわらかしっとり)もたまらない。紅葉(こうよう)する点も良い。

年数が経過すると幹が白っぽくなるという点も素敵。

2年越しに手に入れた

盆栽を始める一番最初に「モミジ」が欲しいなぁと思って、購入したのが「山もみじの値札が付いたカエデ」でした。

そんな悔しい思いをし、モミジの緑枝挿しにチャレンジするも失敗

いつの間にかカエデも枯死。

少しずつ鉢は増えているものの、今まで何故かモミジには手を出してきませんでしたが、先日遂に上野グリーンクラブで食指が動きました。

清姫もみじ

清姫もみじ盆栽
サイズの割に線が細い

枝葉の割に安価なのは、主幹が細く、鉢上げされてから年数がまだ経過していないのかもしれません。

清姫もみじ盆栽
長毛種の猫のよう

樹高は私の鉢の中では梅に次ぐ大きさで、体積で言えば一番の大型となります。

清姫もみじ盆栽

これだけの枝数・葉数のお手入れをしたことがないので、かなりの不安はあります。モミジのお手入れ方法について勉強しないとなぁという感じです。

さっそくボチりました。

安珍・清姫伝説は怖い話

余談です。

清姫もみじの名前の由来となっている「安珍・清姫伝説」ですが、なんだか恐ろしい話です。

安珍・清姫伝説(あんちんきよひめでんせつ)とは、紀州道成寺にまつわる伝説のこと。思いを寄せた僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺すことを内容としている。

安珍・清姫伝説 – Wikipedia

「清姫もみじ」という名前もまた美しいとか思っていたのに、蛇の化物の話だったなんて!!!w

※冒頭のイラスト
By Tsukioka Yoshitoshi 月岡芳年 (Japan Print Gallery) [Public domain], via Wikimedia Commons

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です