葉が茂り放題の清姫モミジの剪定・葉刈り

カテゴリー 紅葉(もみじ)

1.5ヶ月程前に上野グリーンクラブで手に入れた清姫モミジですが、葉がかなり茂ってしまっています。今年芽摘みなどのお手入れしていないですしね。

調子良さそう

どの程度茂っているのかというと、反対側は当然のこと、幹はおろか枝すらほぼ見えない状態です。

清姫もみじ 葉刈り・剪定前

清姫もみじ 葉刈り・剪定前

とはいえ、葉の色艶も良いように見えますし、なによりグングン伸びてきて樹勢も良好。

枝葉をかき分けて奥の方を覗いてみても枯れている葉もほぼ無し。

懐の状態が見えないのは怖い

気候がこのままなのであれば、手入れせずに紅葉(こうよう)を迎えたいくらいなのですが、これから梅雨を迎えるということを考えると、フトコロの状態が見えないのは怖いですよね。

虫害や、病気になっていても気付くことができないですので。

部分葉刈りと剪定

流石に、ということで、1時間以上葉刈りと剪定に時間を掛けて手入れをしました。

ここまで葉の多い盆栽の手入れ自体初めてだったということもありますが、寒樹姿を見たことがないので、何処をどうやって葉刈り・剪定するかのイメージがついていませんでしたが。

まずは外周から少しずつ葉を刈っていき、少し軽くなったところで葉を丁寧にかき分けて枝元を追っていくと、所々交差枝などが見られたのでそれらは剪定。

清姫もみじ 剪定・葉刈り後

かなり刈り込んだのに、こうやって見るとまだまだ葉刈りした方が良さそうですね。(全葉刈りとかは怖いのでやるつもりはありません。)

清姫もみじ 剪定・葉刈り後

少し反対側が見えるようになりました。少しは風通しが良くなるとよいですが。

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です