石化ヒノキ盆栽の冬〜春の植替え

カテゴリー 石化檜(セッカヒノキ)

11月下旬の葉姿

2018年は10月頃まで暖かい日が続いていたからか、夏の時期のような緑色をしています。

双幹石化ヒノキ 秋

2018年3月の写真と比べると樹勢がちゃんと乗っているように見えます。特に、右側の挿し穂から育てている3本の成長が著しい。

石化ヒノキ 剪定後

石化ヒノキの剪定と枯れ葉落とし。懐に詰まった枯れ葉は積極的に落としてあげる必要あり? | 盆栽 BOOOKs

双幹石化ヒノキ 秋

1月中旬の葉姿

寒さも本格的になってきた頃、流石に葉色が深緑と言うか全体的に茶色がかって来ています。

石化ヒノキ 葉がやや茶色掛かってきた

3月の植え替え

※作業日は 2019/03/09

今年は昨年に比べて枯れ葉が特に少なく、樹勢は良好のように感じます。しかしながら、土は古いものを一部再利用していたりと、状態の良くないまま恐らく2年位が経過している状態です。(前回植え替えの記録を残していなかった・・・)

根捌き

鉢から取り出してみると親樹から張り巡らされた元気なやや太めの根が、当然ですが挿し穂した子達全部と絡まり合っていました。

石化ヒノキ 植え替え

最初は丁寧に少しずつ捌いていましたが・・・限界を感じたので結局ハサミでガツガツ切り離していきました。

石化ヒノキ 植え替え 根捌き

植え付け

正面を変えようと考えたこともあったのですが、葉がこんもりとしてきて何処を正面としたら綺麗なのかわからなくなってしまい、、結局今までと同じ面を正面としました。針金を掛けてみているものの、将来の樹形が思い浮かばないのも良くない。鉢との(サイズの)バランスはマシになったとは思うのですがね。

石化ヒノキ 植え替え完了

石化ヒノキ 植え替え完了 根張

以前は気にならなかった、というより気にする余裕がありませんでしたが、根元がガッツリ切られており根張と言うのか根元の広がりがイマイチなのもどうにかしたい。時間がかかるとは思いますけれども

追記:2019/04/07

トップジンM水和剤(1,000倍希釈)を散布しました。

追記:2019/07/15

サンヨール液剤ALを散布しました。

「石化檜(セッカヒノキ)」の記事一覧

  1. 2016.12.03 石化檜(ヒノキ)盆栽。葉がかわいい。初心者向けの盆栽らしいです。
  2. 2018.03.26 石化ヒノキの剪定と枯れ葉落とし。懐に詰まった枯れ葉は積極的に落としてあげる必要あり?
  3. 2018.08.05 双幹石化ヒノキ、樹高が伸びずに葉が詰まるので整枝に悩む。
  4. 2019.03.21 石化ヒノキ盆栽の冬〜春の植替え
  5. 2019.08.04 石化ヒノキが全葉枯れすると落ち葉が敷松葉のよう。(枯死しているかも・・・)→ 枯死しました

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください