双幹石化ヒノキ、樹高が伸びずに葉が詰まるので整枝に悩む。

カテゴリー 石化檜(セッカヒノキ)

「枯死」が頭をよぎる

石化ヒノキは「常緑」といわれていますが、冬にはかなり葉が枯れ込みましたし、色もくすんだ緑色になっていました。

最初の写真と確度が違うので、変化は分かり辛いですが、葉がぶつかりあっているところなどが減って、風通しは良くなったと思います。これで懐にも日が届きそう。

気持ち枝棚っぽいのも作れました。(ほんと気持ち)

石化ヒノキ 剪定後

石化ヒノキの剪定と枯れ葉落とし。懐に詰まった枯れ葉は積極的に落としてあげる必要あり? | 盆栽 BOOOKs

3月になっても新緑の兆しが無かったので、このまま枯れゆくのではないかとドキドキしたりしましたが、5月上旬、十分に暖かくなった頃には全体的に綺麗な緑色に変わり、新緑もチラホラ見えてくるようになっていました。

石化ヒノキ的にはこれが当たり前のルーチンなんでしょうが、まだまだ慣れません。

無事きれいな黄緑色の葉をモコモコと

石化ヒノキは例えばケヤキなどの葉物類のように急激に成長したりしないようで、葉もモコモコしているので注視していないと成長にイマイチ気が付きません。

7月ともなると、気が付いたときにはモコモコがかなり大きくなってまして、

石化ヒノキ

石化ヒノキ 新緑 アップ

再び目詰まり(!?)を起こしています。

むしゃくしゃして曲げた

樹勢良好なのは非常に喜ばしいことなのですが、なんでこう、上とかに伸びずに、隙間を埋める方向に伸びるのだろうか。。

いや、そもそも双幹に仕立て上げられた時の状態が良くないんだろうなぁ、ということで、針金で幹同士の距離が離れるように曲げてみました。

石化ヒノキ 針金掛け
弾性があるので怖がらずに曲げられる(硬いけど)

そうすると・・・

石化ヒノキ 針金かけ

まぁ何も考えずに曲げて手を加えなければこんな残念な感じになるのは仕方ないでしょう。左右の樹冠に押し潰された中央のリーゼント(謎)がアラワになり、幹の隙間や葉の生え方が非常に不自然です。大きさのバランスも悪いまま。

さて、曲げたはいいけれどもどうしようかなぁと悩んでいたところ、裏面から見るとなんかどうにかできそうな画が見えてきました。

石化ヒノキ 針金かけて、正面を変更

正面をこちらにする前提で、針金掛けの追加と剪定を行えばそれ(どれ?)っぽくできるかもしれません。

双幹石化檜(セッカヒノキ)盆栽の育成記録

  1. 石化檜(ヒノキ)盆栽。葉がかわいい。初心者向けの盆栽らしいです。(2016/12)
  2. 剪定と枯れ葉落とし。懐に詰まった枯れ葉は積極的に落としてあげる必要あり?(2018/03)
  3. 樹高が伸びずに葉が詰まるので整枝に悩む。(2018/08)

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください