挿し穂から21ヶ月のケヤキ、秋の紅葉〜春の植替え

カテゴリー ケヤキの挿し穂

紅葉

※撮影日は2018/11/20

挿し穂ケヤキの紅葉

特に芽摘みなど行わず、農薬の量も丁度良かったのか(いくつかの鉢には薬害らしき症状が出てしまった)、この挿し穂から育てているケヤキはそれなりに綺麗に紅葉しました。

写真では分かり辛いですが、幹もちゃんと太くなってきています。

消毒

※作業日は2019/01/14
サンヨールで冬期休眠期の防虫・殺菌消毒を実施しました。

植え替え

※作業日は2019/03/09

根捌き

鉢から取り出してみて若干の驚き。予想以上にしっかりとした根を蓄えていました。2本を一鉢で育てていたために、根は絡まり合ってます。

挿し穂21ヶ月のケヤキ 植え替え

なんとか根と土を丁寧にばらして綺麗に分けることができました。

挿し穂21ヶ月のケヤキ 根捌き

まだまだ小さなこの2本ですが、この後長く伸びた根を半分程度切り落としました。

一鉢に一本植え付け

挿し穂21ヶ月のケヤキ 植え替え完了

挿し穂21ヶ月のケヤキ 幹

幹の太さは数mmといったところですが、既にケヤキらしくカッチカチになっており、根元付近はもう曲げるのが怖い硬さになっています。グニャグニャの樹形にしたければ挿し穂から1.5ヶ年以内に針金でしっかり樹形を作ってあげるのが良さそう。

下の写真の方はもうちょっと懸崖になるように針金を掛けていたはずですが、真っ直ぐになろうとする力に負けたのか中途半端な感じになっています。とはいえ、枝先の方はクネクネとした樹形を維持しているので楽しみです。

挿し穂21ヶ月のケヤキ 植え替え完了

挿し穂21ヶ月のケヤキ 針金

追記:2019/04/07

トップジンM水和剤(1,000倍希釈)を散布しました。

追記:2019/07/15

サンヨール液剤ALを散布しました。

「ケヤキの挿し穂」の記事一覧

  1. 2018.03.25 挿し穂から9ヶ月のケヤキ。しっかり発根しており一安心
  2. 2018.07.15 挿し穂から13ヶ月のケヤキ。梅雨時期から成長が加速したので針金かけを実施
  3. 2019.03.12 挿し穂から21ヶ月のケヤキ、秋の紅葉〜春の植替え
  4. 2019.08.05 この暑さで挿し穂ケヤキも水切れ枯死寸前!?悲しいことに全葉枯。

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください