新葉の出てきた緑枝挿ししたモミジ、驚いたことに発根していなかった。。

カテゴリー モミジの緑枝挿し

暖かくなってきて緑枝挿していたモミジから新葉が出てきたので喜んでいたのですが。

なんだか葉に元気がないなと思い、「葉も出てきたし、ペットボトル鉢だからきっと根が酸欠なんだ(謎) ※手作りのペットボトル鉢の底面は殆ど穴が開いてない」ということで素焼き鉢に移そうと思い、土を崩してみて驚きました。

「根が生えて無いじゃないか!!」

挿し木モミジの鉢上げ

こんな感じで土を掻き出します。

枝を持って引っ張ったら根が切れちゃいますからね。

緑枝挿しもみじ 鉢上げ

2リットルのペットボトル鉢なので、結構な土の量です。(微粒タイプの赤玉土なので重い)

丁寧に掻き出したのですが、枝がスルッと抜けました。

あれ・・・

(写真は根洗いならぬ、緑枝洗いしてます。)

緑枝挿しもみじ 発根無し

土に埋まってた枝の下の方をよく見てみます。

緑枝挿しもみじ 発根無し 最下部

楔形に切った部分から根が生えるんじゃなかったでしたっけ、、、

中央部をよく見てみます。

緑枝挿しもみじ 発根無し 中央部

何にも変化してないですね、、、

新葉が出てきたので、てっきり発根したものだと思いこんでました。

かなり深く土に枝を埋めていたのが奏功したのか、必要な水分は枝から吸収してたということでしょうか。

いずれにしても、まだ緑枝挿し成功とは言えないようです。

とりあえず、葉が弱っているようにみえる原因は不明なままなので、素焼き鉢に植替え(植え付け?)をしました。

緑枝挿しもみじ 素焼き鉢に植替え

今まで土に埋まっていた部分が結構露出する形になってしまいましたが大丈夫だろうか・・・。

元気になってくれるといいな。

あとがき

もしこのまま発根したとしても、盆栽になるのはまだ数年掛かりそうです。

2〜3年の素材木であれば500〜1,000円程度で購入できてしまうんだから、そう考えると盆栽園などで並べられている盆栽(素材)たちは、安い気がしてきますよね。

数年が数百〜数千円で買えてしまうのだから。

「モミジの緑枝挿し」の記事一覧

  1. 2016.06.21 もみじを「緑枝(りょくし)挿し」して発根を目指す
  2. 2016.08.19 緑枝(りょくし)挿ししたモミジ、一部枯れました
  3. 2016.11.13 緑枝(りょくし)挿ししたモミジ、かなり枯れてきているが新芽の兆候も
  4. 2016.12.11 緑枝(りょくし)挿ししたモミジ、葉がくしゃくしゃになりもう限界の様子
  5. 2017.02.12 緑枝(りょくし)挿ししたモミジ、落葉と新芽への期待
  6. 2017.03.25 暖かくなり始めて次々と緑枝(りょくし)挿ししたモミジから新葉が
  7. 2017.04.16 新葉の出てきた緑枝挿ししたモミジ、驚いたことに発根していなかった。。
  8. 2017.05.10 新葉まで生えた緑枝挿しモミジでしたが、枯死しました。原因は?
  9. 2017.05.20 今年は緑枝の水挿しでモミジの発根を目指してみる
  10. 2017.07.08 水挿し中の緑枝モミジ、変化が無いまま4割ほど枯れました。一部土挿しに移行。
  11. 2018.03.11 緑枝挿しモミジは水ではなく土に挿すのがいいのか。
  12. 2018.05.05 緑枝挿しモミジも失敗

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください