オリーブ(ルッカ)の主幹に針金を掛けて曲げてみた

カテゴリー オリーブ

予備曲げ

ピッチを甘く巻いて様子を見る

1ヶ月ほど前、このままだと面白みのない樹形のまま大きくなっちゃいそうだなぁと思い、甘く針金を掛けてみました。

針金を掛ける前がこんな感じ。(写真はちょっと古い。ここから枝葉は結構増えているものの、ピンッと真っ直ぐに伸びているのは変わらず)

オリーブ ルッカ 剪定

オリーブ(ルッカ)の元気に徒長した枝を剪定。ほぼ購入当時の姿に | 盆栽 BOOOKs

オリーブはもう一鉢持ってるのですが、すでにそちらはほぼまっすぐ(直幹)の樹形で確定しているので、こちらは針金でまずはこんな曲げ具合に。

オリーブルッカ 針金掛け ピッチ甘め

まだまだ苗木という印象のあったルッカですが、芯が固く、針金は 3.0mm のアルミ線を使用しました。

芯の硬さとは裏腹に、樹皮は非常にまだ柔らかく、甘く針金を掛けるといってもかなりの傷を付けてしまったのですが・・・

それから1ヶ月後

針金を外したところ、十分にクセが付いてることが確認できましたが、針金を巻く際にできた傷、針金の食い込みなども合わせて確認ができました・・。

オリーブルッカ 針金傷

1ヶ月でここまで食い込むとは。きつく締め付けて巻いた記憶はないのですが、曲げの負荷が集中してしまったのでしょう。要するに下手くそということですね。

本曲げ

さて、針金掛けるなら冬場とか休眠期にやるべきのはずですが、気にせず本格的に曲げてみたいと思います。

傷を軽減させるラフィア

今回は樹皮が傷つきにくいようラフィアを巻きます。

ラフィアを初めて使ったのは黒松の時ですが、綺麗にきっちり巻き付けすぎて剥がすのが面倒だった&生育阻害しているように感じたので、今回は甘めに巻き、その上から針金を掛けました。

オリーブルッカ ラフィアをまいて針金かけ

曲げる

巻きピッチを前回の半分くらいにしているので簡単に曲げられるかと思いきや、なかなかに手ごわかったです。

微妙な曲げ量だと押し戻されてしまうので、一度大きく曲げ込んだりしながら、枝先の一箇所が表土のラインまで来たところで固定。

オリーブルッカ 針金かけ

今年はこの状態で枝数を増やそうと思います。オリーブは新芽を摘むとその部分からほぼ確実に2つ芽が出てくるので、簡単に枝数を増やせます。

オリーブ ルッカの成長記録

  1. オリーブの結実を目指して2品種目「ルッカ」を購入。ポットから素焼きの鉢に植え替え。(2017/07)
  2. 元気に徒長した枝を剪定。ほぼ購入当時の姿に(2018/03)
  3. 主幹に針金を掛けて曲げてみた(2018/07)
  4. 針金痕のオリーブ「ルッカ」を盆栽風に植え替え

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください