オリーブを弱剪定しつつ挿し木(緑枝挿し)をしてみる

カテゴリー オリーブ

購入したままのオリーブですが、室内用に適度に剪定されていたようですが、だいぶ混みいってきているので剪定しました。

弱剪定

強剪定はこの時期が適期ではないようなので、長くなりすぎてぷらんぷらんしている新梢のみを中心に行いました。

1箇所だけ新梢よりもやや太い枝を剪定しましたが、その部分だけトップジンMペーストで切り口を殺菌しました。

オリーブ弱剪定

まぁあまり変化に気付かないかもしれませんが、10箇所程度剪定しています。

オリーブ新梢

剪定した新梢を緑枝挿しに

この辺りを参考に緑枝挿しします。
–>オリーブの挿し木3(新芽挿し)|オリーブde・Olives

まずは葉を3〜4枚にしました。(6〜8枚残すのを推しているサイトも有りましたが)

オリーブ 緑枝挿し

先端はくさび状にして、メネデール溶液に2〜3時間程度漬け込みました。

発根促進剤メネデール

で、肝心の用土ですが、パーライトのみにしました。

水はけを良くするため(ですよね?)に1〜2割程度混ぜて使うような土なので、パーライトのみだと水はけが良すぎて殆ど保水されないような気がします。

パーライト100%でほんとにいいの!?と思って調べてみましたが、下記のようなコメントもあるようなので、信じてパーライトのみで行きます。

パーライトは、無菌で水はけが良いので挿し木に最適な用土なのですが、軽すぎてサラサラしているので、
とても不安ですが、霧吹きを忘れなければ十分保水力もありますので心配いりません。

オリーブの新芽挿しその後 | オリーブ栽培奮闘記

パーライト

1日1回の霧吹き葉水+ビニールによるカバーで湿度を保ちながら、週1回の灌水という感じにしようかと思います。

週1でメネデールした方がいいのかなぁ??

ま、、そんな感じで水揚げした緑枝をパーライトに挿していきます。

一応先端には発根促進剤のハイフレッシュをちゃちゃっと付けて、割り箸で穴を作って差し込みました。(発根促進剤と言えばルートンの方が有名でしょうか)

オリーブ緑枝挿し パーライト

問題は鉢を置く位置だよなー・・・

追記:2018/06/16

ふと思い出したので追記。

パーライト100%では、水の蒸散が激しく土中の湿度維持ができませんでした。ので、3週間しないうちにすべて枯死してしまいました。

こまめに霧吹き等で湿度維持できる状況の方なら問題ないかもしれませんが、一般的なサラリーマンにはちょっと向かない手法ですね。

オリーブの成長記録

  1. ベランダ盆栽園に仲間入り(2016/06)
  2. オリーブを弱剪定しつつ挿し木(緑枝挿し)をしてみる(2016/06)
  3. 葉先が茶色く枯れる原因は?ミネラル不足のためフカフカの土に植え替え実施。(2017/06)
  4. 横長な鉢植えオリーブを目指して剪定(2018/03)
  5. オリーブ、初めての開花。剪定などお手入れも実施。(2018/05)

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください