長寿梅盆栽、施肥し過ぎで用土をダメにしたので時期が悪いながらも植え替えを行いました

カテゴリー 長寿梅(チョウジュバイ)

春に元気よく芽吹いてきた長寿梅盆栽ですが、このところ元気がなく原因が何なのかわからず困っていました。

葉は緑色を維持してはいるのですが、5月中旬以降に出た新芽は全て落ちていきました。

用土の表面が黒くなっており、小バエより小さな何かが飛んでいたり、不衛生な感じもします。

小品長寿梅は施肥の量には細心の注意

長寿梅盆栽 表土が施肥過多でタール状に
なんだか全体的に黒い

根腐れとか、そういうことになってるのかなぁと色々調べていたのですが、

表土が黒いタール状の物質に覆われる状態は肥料が多すぎる証拠です。汚れた表土は取り替え、用土に竹串などで穴を開けて通気と水はけをよくするなどの対処をしておいてください。

チョウジュバイの育て方|盆栽びより

まさにこれとも言うべき情報。表土がタール状の黒い物質に覆われていますが、うまく利用されなかった肥料が表出しているようです。

だから虫も寄ってきていたと。

表面の用土を交換し、根の方の土も一部ほぐした方が良いとのことなので、植替えをしてしまおうかと思いました。

というのも、まだまだ形を作っている(いや、目標の樹形とかないんだけど、とりあえず2回りくらい大きくしたい)素材木の状態なので、素焼き鉢で育てるのが良いだろうというのも前々から思っており。(初めて買ってきた時に何も知らずとりあえず化粧鉢に植え替えしちゃったんだよね)

しかし肥料過多と言うのはわかったけれども、なんで元気が無いんでしょうね。本当に原因はそれだけ?

根腐れしているとどうなるのか

根腐れしていると、ドブのような匂いがするらしいw

土がドブの様な匂いがしたら根腐れしているので、鉢から抜いて消毒し、腐った部分の根だけ取り除いたら荒目の用土を入れて養生させてください。

一応それについては大丈夫そうなのだけど、植え替え作業前に YouTube で根腐れがどういうものか探してみました。

観葉植物の根腐れだけど参考になるよね
  • 水枯れと違い、葉が垂れてクルンと丸まっている
  • 土を崩すと根がホロホロ取れていく
  • ダメになった枝葉は全て落とす(切り戻す)

みたいなことらしいです。

長寿梅の植え替え

植え替え適期は3月/10月/11月らしいのですが、前述の通り素焼き鉢で養生しながら大きくしたいというのもあり、やっちゃいます。

長寿梅盆栽植え替え 根の状態
根はホロホロしてないし、臭くない

土が濡れているのでものすごく分かり辛い写真になってしまいましたが、根はしっかりしているように思いました。

で、そのまま根は切り詰めずに、素焼き鉢へ。

長寿梅盆栽植え替え後

元気になってくれるといいなぁ。

あ、そうそう。そもそも肥料は適量が全くわからないので、かなり小粒のもの(ラムネ程度)を3〜4粒程度しか撒いてないのですが、それでも過多というのに驚き。当初は肥料ケースをつかっていたのだけど、空気中に出ている分、虫が寄ってきちゃうのよね。

それで肥料の半分〜全体が土に埋まるように撒いたのだけど、それだとだめだったみたい。(もしかすると、土が微粒の赤玉土がわりと多めなのも重なってダメだったのかも)

怖いから今度から液体肥料にしようかな。

「長寿梅(チョウジュバイ)」の記事一覧

  1. 2016.05.29 買ってきた長寿梅の初めての植え替え|盆栽
  2. 2016.09.25 盆栽 長寿梅の葉に白いつぶつぶ・・・これはハダニでしょうか。
  3. 2016.12.11 夏終盤にハダニにやられた長寿梅盆栽その後。遂にハダニらしき姿を捉えた
  4. 2017.02.12 長寿梅 盆栽、冬を無事に越えて芽吹き始めました。
  5. 2017.06.12 長寿梅盆栽、施肥し過ぎで用土をダメにしたので時期が悪いながらも植え替えを行いました
  6. 2017.08.11 長寿梅のハダニ退治にダニ太郎
  7. 2017.10.29 ダニ太郎を使用した長寿梅、その後。ハダニ被害から完全復活
  8. 2018.03.11 ハダニの次はアブラムシにやられた長寿梅、なんとか冬は越せた模様
  9. 2018.04.05 長寿梅にあわつぶ状のコブ。癌腫(がんしゅ)病の疑い
  10. 2018.11.04 秋になったので梅と長寿梅盆栽の植え替え

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください