メギ盆栽、新芽の兆候が全くない中、昨年力強く徒長した枝を剪定しました。

カテゴリー 目木(メギ)

メギは3月いっぱいまで寒樹姿ということで、まだ新芽の兆候とか無いですね。

(まだ無くても大丈夫ですよね?)

で、作業カレンダーを覗いてみると、3月は剪定の時期に入ったということです。

メギ盆栽 落葉 寒樹 裸木 冬木

こんな感じで、昨年徒長したままの左右の枝が気になっていましたので、切ってみようと思います。

この辺を。

(それにしてもトゲが凄い)

メギ盆栽 剪定

狙いを定めてカチっと。

で、針金で曲げて奥の枝と交錯しない方向に向けてみました。

メギ盆栽 剪定後

こんな感じ。

向かって右側の徒長している枝は残しました。

徒長したやつがこの先どうなるのか単純に見てみたかったので、、、

それにしても落葉した時(後)、柄をしっかり抜いてないのですが、これで良いのでしょうか。

結構硬くしっかりついていて、簡単には抜けない感じだったのでそのままにしていたのです。

見た目も微妙だし今から抜いたほうが良いでしょうか。

メギ盆栽(素材)の成長記録

  1. 買ってきたメギ(目木)の初めての植え替え(2016/05)
  2. 孫生え(ひこばえ)が止まらない。実は全て落ちた。(2016/06)
  3. 夏の終わり、数日の間に物凄い長さの新枝(茎?)が伸びてきた(2016/09)
  4. 気温が下がるにつれてやや黄葉するも全体的に青々とした姿(2016/12)
  5. 新芽の兆候が全くない中、昨年力強く徒長した枝を剪定(2017/03)
  6. 今年は5割ほど赤く紅葉し、若干の秋らしさを感じます(2017/11)
  7. 無事越冬。新葉も見えてきたので剪定しました。(2018/03)
  8. 葉姿のメギ、樹勢良好(2018/04)

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です