ふるさと納税(寄付金)で盆栽

カテゴリー 盆栽記事

ふるさと納税、素敵な御礼の品を貰えるってのは知ってたけど、なんだか腰が重くてね。

そんな感じだったのだけど、嫁さんがずいぶん長い時間見ているようなので、一緒になって見ていたら

あるじゃないですか、盆栽が。

ふるさと納税、、というか御礼の品の情報は、ポータルサイトがいくつかあって、すべての情報が1つのサイトにまとまってわけではなさそうなので、Google で検索してみて引っかかったのをメモしました。

※御礼の品は数量限定だったり、季節限定だったり、、都度変わるようですのであくまでこんなんあったよ的に、ご参考まで。

寄付金額 10,000円〜

山梨県富士吉田市 苔BONSAI

「富士吉田市」ということ、「光触媒加工を施してある」って言う文面をみると、ミノルフラワーさんというところの商品でしょうかね。
–>「BONSAI」を更に身近に、手軽に・・・創作盆栽をアートフラワーで楽しむ光触媒加工により空気清浄効果も! – ミノルフラワーのプレスリリース

ふるさと納税 山梨県富士吉田市 苔盆栽

富士山麓の砂と溶岩を生かした、日本初の苔BONSAI。すべてオリジナルの作品です。
和・洋、何処に飾っても存在感のあるBONSAIは、インテリアとしてだけではなく、癒しも与えてくれます。
また、光触媒加工を施してありますので、防汚効果もあります。(一つ一つが手作りの為、すべてオリジナルの作品となります。)

■内容量:溶岩を使ったミニ盆栽〔約550g/13x13x15h(cm)〕
■原材料:富士砂[富士山麓]、溶岩[富士山麓]、器[瀬戸焼]、苔とグリーン(アーティフィシャルフラワー)[中国]

ふるさと納税のお礼品詳細|和モダン 創作 苔BONSAI (丸三ツ足)〈古瀬戸〉|ふるさと納税「さとふる」

器違いでもう1種類選べるみたいです。

光触媒加工、、がどこにどうやって施されているのか気になります。

・・・個人的には溶岩を複数個いただけると嬉しいですが・・w

熊本県天草群苓北町 創作盆栽

ちょっと情報が少ないですね。

ふるさと納税 盆栽 熊本県天草群苓北町

どちらで創作されたものなのでしょうかね。

どのようなものが送られてくるのか想像できなくて怖いです。

流木、軽石などの自然素材をいかした盆栽です。

天草・苓北ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税) | 熊本県苓北町公式サイト

寄付金額 20,000円〜

山梨県富士吉田市 苔BONSAI

富士吉田市さんの苔盆栽、先ほどのバリエーション違いのようです。

ふるさと納税 山梨県富士吉田市 盆栽 

士山麓の砂と溶岩を生かした、日本初の苔BONSAI。すべてオリジナルの作品です。
和・洋、何処に飾っても存在感のあるBONSAIは、インテリアとしてだけではなく、癒しも与えてくれます。
また、光触媒加工を施して有りますので、防汚効果もあります。(一つ一つが手作りの為、すべてオリジナルの作品となります。)
■内容量:溶岩を使ったミニ盆栽〔約600g/17x17x16h(cm)〕×1
■原材料:富士砂[富士山麓]、溶岩[富士山麓]、器[瀬戸焼]、苔とグリーン(アーティフィシャルフラワー)[中国]

ふるさと納税のお礼品詳細|和モダン 創作 苔BONSAI (大)〈角皿・古瀬戸〉|ふるさと納税「さとふる」

香川県高松市 ミニ松盆栽

盆栽、、とりわけ松柏といえば高松でしょうか。その高松はやはり御礼の品に盆栽をご用意されています。

ふるさと納税 香川県高松市 盆栽

盆栽園で売られているものとすると、3〜5,000円くらいの価値ありそう?

盆栽の本場、国分寺で匠の手によって育てられた至高の逸品です。
高松市鬼無町・国分寺町を中心に、松の王者の「黒松」や、大きく割れた樹皮が魅力の「錦松」、栽培しやすい「五葉松」などが栽培されており、全国の松盆栽の8割ほどの生産量を誇っています。
海外へも多く輸出されており「BONSAI」の名で親しまれ、世界中のファンから支持されています。およそ201年続くこの盆栽の産地には、確かな腕を持つ盆栽職人が多く活躍しています。

■注意事項/その他
※種類、大きさ、形等は選べません。
※写真はイメージです。

ふるさと納税のお礼品詳細|ミニ松盆栽|ふるさと納税「さとふる」

兵庫県小野市 大久保鋏180mm さつき鋏180mm

兵庫県小野市は刃物の製造が盛んなのかな?検索してみると、小野金物卸商業協同組合というところが播州刃物というサイトを運営しているようで。

ふるさと納税 大久保鋏・さつき鋏180mm  御礼の品

Amazon で見ると 8,000円〜17,000円もの価値がありそうです。

大久保鋏180mm

植木鋏一筋 藤原忠昭氏の逸品です。
古式鍛錬法で、軟鉄と鋼を接着して作られた逸品です。庭の植木や盆栽の手入れからガーデニングまで、幅広く使われている昔ながらの伝統的な鋏で、細い枝から6mm程度の枝までを切ることができます。滑らかな曲線を描く握りやすい大きめの持ち手は、疲れにくく力を入れやすい構造になっています。手造り商品のため、品切れの場合、納期がかかる場合がございます。
■原産地:兵庫県小野市
■内容・サイズ:重量213g、全長約180mm、刃渡り約50mm、桐箱包装 
■原材料:刃部表面軟鉄 刃部裏面安来鋼白紙 軸部軟鉄

ふるさと納税のお礼品詳細|大久保鋏180mm|ふるさと納税「さとふる」

さつき鋏180mm

植木鋏一筋 藤原忠昭氏の逸品です。
盆栽などの細い枝のお手入れに使用。持ち手の先が少し開いているので、握りやすく、連続して枝を切る作業に適した形状になっています。手造り商品のため、品切れの場合、納期がかかる場合がございます。
■原産地:兵庫県小野市
■内容・サイズ:重量約80g、全長約180mm、刃渡り約40mm、桐箱包装
■原材料:刃部表面軟鉄 刃部裏面安来鋼白紙 軸部軟鉄

ふるさと納税のお礼品詳細|さつき鋏180m

寄付金額 30,000円〜

埼玉県さいたま市 盆栽小鉢 モミジ

大宮盆栽村/盆栽美術館を擁する埼玉県さいたま市も、盆栽を用意しているようです。作り物ですけど!!

ふるさと納税 大宮盆栽

大宮がこれじゃぁねぇ、、ってあれか、別にそんなに寄付必要ないのかな。

大正11年創業の人形用造花製造メーカーで、素材から裁断、染色加工を全て自社(国内)にて職人が手作りしています。細かい手作業を積み重ねて一組の木に仕上がります。葉の部分は布に紙を裏張りし染色、幹は針金に稲ワラを巻きつけるなど質感を表現し、土台部分はおがくずを染色し苔を表現しています。お部屋のインテリアにどうぞ。

最大幅:約12cm、全高:約9cm

盆栽小鉢 モミジ : 埼玉県さいたま市 – Yahoo!ふるさと納税

寄付金額 50,000円〜

香川県高松市 松盆栽

高松市は流石ですね。

この写真の盆栽をいただけるのであれば、嬉しいです。

ふるさと納税 高知県高松市 盆栽

盆栽の本場、国分寺で匠の手によって育てられた至高の逸品です。
高松市鬼無町・国分寺町を中心に、松の王者の「黒松」、大きく割れた樹皮が魅力の「錦松」、栽培しやすい「五葉松」などが栽培されており、全国の松盆栽の8割ほどの生産量を誇っています。
海外へも多く輸出されており「BONSAI」の名で親しまれ、世界中のファンから支持されています。およそ200年続くこの盆栽の産地には、確かな腕を持つ盆栽職人が多く活躍しています。
※種類、大きさ、形等は選べません。
■原産地:日本

ふるさと納税のお礼品詳細 | 高松市 | 松盆栽 | ふるさと納税「さとふる」

とりあえず、こんなところで。

「盆栽記事」の記事一覧

  1. 2016.05.21 盆栽道具10点セットが届いた。着々と進む盆栽受入準備。
  2. 2016.05.26 初めての盆栽購入。埼玉県川口市 安行東盆栽センター で小さな3鉢「山もみじ・メギ・長寿梅」
  3. 2016.05.28 盆栽の植え替えに供えて鉢やら道具やら色々準備。
  4. 2016.06.04 素焼き鉢購入。東京都 中央区の園芸ショップ、日本橋高島屋 ガーデニストクラブ
  5. 2016.06.04 ベランダ盆栽するのに何か良い椅子は・・・丈夫な木の椅子といえば
  6. 2016.06.25 シューズラックを盆栽棚として使う。不二貿易 4段ラック。
  7. 2016.07.01 盆栽師 平尾成志さん がアーツ千代田でイベント開催していたので見てきました。
  8. 2016.07.10 玄関とかで使われる自動点灯する LED ソーラーライトを購入してみた。やっぱり夜でもベランダ盆栽を鑑賞したい。
  9. 2016.07.17 ふるさと納税(寄付金)で盆栽
  10. 2016.08.18 東京都 中央区の盆栽園といえば日本橋三越屋上の清香園(せいこうえん)
  11. 2017.04.16 上野グリーンクラブで購入した盆栽鉢。7点3,000円。
  12. 2017.04.16 盆栽展「第4回新緑風展」@上野グリーンクラブ
  13. 2017.04.16 盆栽・盆栽鉢を常設販売している上野グリーンクラブ(東京盆栽倶楽部)に行ってきた。
  14. 2017.11.18 ちょうど良さそうな盆栽棚が売ってないので自作してみた。DIY ですよ DIY。
  15. 2017.12.27 石灰硫黄合剤は危険?代わりにどの農薬(殺虫殺菌剤)がおすすめ?
  16. 2018.03.24 上野グリーンクラブ 常設売店でお買い物。新緑風展チケットも忘れずに入手。
  17. 2018.04.05 再び上野グリーンクラブ常設売店へ
  18. 2018.04.07 ストマイ液剤で梅の癌腫予防と長寿梅の癌腫“治療”?
  19. 2018.04.07 トップジンM水和剤で殺菌・病気予防
  20. 2018.04.09 旅行時の盆栽水やりに、takagi 自動水やりキットを導入
  21. 2018.04.22 盆栽展「第5回新緑風展」@上野グリーンクラブ
  22. 2018.05.04 パイプフレームで盆栽棚を拡張しました。盆栽棚 Ver3
  23. 2018.05.04 バルコニー盆栽の自動水やり機にスプレーノズル追加。自動灌水 Ver2
  24. 2018.05.06 梅雨前の殺虫に、マラソン乳剤散布
  25. 2018.05.12 自動水やり機にスプレーノズルを更に2個追加。チューブ分岐部分もワンタッチ継手に変更。自動灌水 Ver3
  26. 2018.07.15 サンヨール液剤AL で真夏の消毒実施
  27. 2018.07.27 上野グリーンクラブ サマーセール(20% OFF)に行ってきました
  28. 2018.08.02 オーソサイド水和剤80で真夏の消毒実施
  29. 2018.10.06 自作盆栽棚と自動水やり機のアップデート。寒冷紗にぶつからないよう棚の身長を高くしました。
  30. 2018.12.17 盆栽撮影のために NIKON AF NIKKOR 50mm F1.8(中古)レンズを購入

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください