バジルとミントをセラミスグラニューで室内栽培にチャレンジ

カテゴリー その他植物
ニトリのキャニスターでバジルとミントの室内園芸

ホームセンターで園芸コーナーを妻と物色していたところ、食用にバジルとスペアミントを購入・育てることになりました。

食用前提ということもあり室内で育てられるなら室内で、、、と調べてみると、セラミスグラニューという人工土で育てられそうという話を聞いたので、チャレンジしてみることに。

セラミスグラニューとは

室内用園芸用土セラミスグラニュー

ドイツで生産されている園芸用の土です。多孔質粘土である SERAMIS は、大量の水を保水し、各植物の個々のニーズに応じて水分を放出してくれるようで、室内栽培でも根腐れしにくくなっているようです。
参考:Willkommen bei Seramis – Seramis

セラミスは要するにレンガ(高温生産)ってことで、無菌というところもポイントですね。

多肉植物や観葉植物愛好家の間では有名な土の様子。初めて知りました。

ポットからセラミスグラニューに植え替え

スペアミントポット バジルポット

鉢はニトリのキャニスター

適当なガラスやプラスチックを探しに100円ショップをいくつもまわりましたが気にいるのがなく。。

最終的に、ニトリで販売されているキャニスターを鉢にすることにしました。400円しないくらいだったかと。

根洗いをして植え替え

ポットから取り出し、根洗いを行います。

スペアミントの方はポットになってから暫く経過していたのか、根がかなりの軽石や土などを巻き込んでました。

全てキレイには洗い流せないながらも、それなりに根をさばいてしましたが、バジルやミントは繁殖力旺盛とのことなので、根洗いのダメージ程度きっと問題ないでしょう。

インテリアとしてもいい感じ?

ニトリのキャニスターにセラミスグラニューが似合う

セラミスグラニュー自体はレンガ的なものなので、ガラス容器で土が見えても綺麗ですね。

根にとって明るいのはどうかと思いますが。。

ま、そのような感じで作業したのは4日程前なのですが、今のところどちらも頭を垂れる様子もないのでこのまま行けそうな予感です。

「その他植物」の記事一覧

  1. 2016.06.25 人気のシンボルツリー「オリーブ」がベランダ盆栽園に仲間入り
  2. 2016.06.26 子株が大量についた子宝草をいただいたので、育成してみることに
  3. 2016.06.26 オリーブを弱剪定しつつ挿し木(緑枝挿し)をしてみる
  4. 2016.12.03 大量に増えた多肉植物の子宝草も、冬に近付くにつれて葉色が紫に
  5. 2017.04.09 噂通り、レモンミントが驚愕の生命力で完全枯れた姿から復活
  6. 2017.05.08 オリーブの結実を目指して2品種目「ルッカ」を購入。ポットから素焼きの鉢に植え替え。
  7. 2017.06.18 オリーブの葉先が茶色く枯れる原因は?ミネラル不足のためフカフカの土に植え替え実施。
  8. 2018.03.15 オリーブ(ルッカ)の元気に徒長した枝を剪定。ほぼ購入当時の姿に
  9. 2018.03.19 横長な鉢植えオリーブを目指して剪定
  10. 2018.05.03 バジルとミントをセラミスグラニューで室内栽培にチャレンジ
  11. 2018.05.07 オリーブ、初めての開花。剪定などお手入れも実施。
  12. 2018.07.15 オリーブ(ルッカ)の主幹に針金を掛けて曲げてみた
  13. 2018.11.11 秋だけど植え替え、オリーブを植木鉢から盆栽鉢へ。
  14. 2018.11.14 針金痕のオリーブ「ルッカ」を盆栽風に植え替え
  15. 2018.12.24 オリーブ冬の手入れ、剪定と針金かけ
  16. 2018.12.24 オリーブ(ルッカ)冬の手入れ、剪定

ブログランキングに参加しています。是非ポチっとしてくださいね。リンク先では様々な方の盆栽ブログを見ることができます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 盆栽人気ランキング
2016年に狭小なベランダで盆栽を始め、2017年引越しをし、作業スペースが確保できるようになりました!が、まだ高価な盆栽を購入するのは怖いので、素材で色々試して楽しんでいます。

実は、関東の一大盆栽エリアである埼玉県大宮近傍に10年近くも住んでいたにも関わらず、その時は全く盆栽に興味がなかったことが悔やまれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください